キャッシング金利の変遷について

キャッシングの金利の変遷を見ると、どんどん低くなっていることがわかります。これまでキャッシングの金利は、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の二つの上限金利の影響を受けてきました。出資法の上限金利のほうが利息制限法の上限金利よりも高く設定されているために、キャッシングではこの出生法の上限金利と利息制限法の上限金利の間に金利を設定し、そのためグレーゾーン金利と呼ばれていました。

しかし、2010年より利息制限法による金利を上限とすることになりました。それにより金利は一気に低くなり、現在は融資金額によっては3%を切る低金利でお金を借りることもできるようになっています。ちなみに出資法により上限金利の変遷をみると、1954年~1983年までには年109.5%の上限金利が設けられていましたが、1983年には73%、1986年には54.75%、1991年には40%、2000年には29.2%、そして2010には20%となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です